Webスクレイピング

Webスクレイピング

Webスクレイピングとは、Web上にある特定の情報を収集・抽出する技術のことを指します。Webサイトは、数万ページなどの大規模なものでも、HTMLの構造などは共通していることが多々あります。この共通して使われている部分(HTMLタグなど)を事前に指定しプログラミングを組むことで、Web上の大量の情報を数秒で取得できるのがWebスクレイピングです。プログラミング言語であるPythonはこのWebスクレイピングに良く用いられ、初心者でも簡単に使えるようライブラリも公開されていることからも分かるように、Webスクレイピングには特別高度なスキルは必要ありません。

加えて、スクレイピングで得られた情報はマーケティングや競合調査、営業リストの取得などのビジネスへの活用も非常に有効なため、スクレイピング専用のソフトウェアも販売されているなど、非常にポピュラーな作業と言えます。なお、スクレイピングする人のことを「スクレイパー」と言います。

一般的には、ネットオークションサイトや求人情報サイトなど『同じ構造の情報が無数にある』巨大なWebサイトへのスクレイピングが人気です。しかしWebサイトへのスクレイピングは、サイト側への多大な数のリクエストが出され、サーバーに大変な負荷を与えることになります。そのため現在ではWebスクレイピングを明確に禁止しているWebサイトが少なくありません。

また、Webスクレイピングはあくまでプログラミングの実行に過ぎない為、どうしても逃してしまう情報も出てきます。

Web上の情報をサイト側へ負担させることなく、正確に収集するには、依然人の目で行うのが最も確実と言えるでしょう。

Web情報収集代行へ